新型コロナウイルス感染症に関する対応について

2020年04月20日 更新

行政機関、団体などによる正確な情報に基づき、冷静な対応をとっていただきますようお願いいたします。

 

○食品を介して感染したとされる事例は報告されていません。

○主な感染経路は、飛沫感染と接触感染であると考えられています。

○体調管理やこまめな手洗い・手指の指導、咳エチケットなどを実施すれば心配する必要はありません。

○一般的な衛生管理が実施されていれば、感染者が発生した施設等において、操業停止や食品廃棄などの対応は必要ありません。

 

1.予防対策をお願いします。

(1)体温の測定と記録

(2)発熱などの症状がある場合は、関係者へ連絡、必要に応じて自宅待機

(3)37.5℃以上の熱が4日以上続いた場合は、関係者へ連絡と保健所へ問い合わせ

(4)作業時は、できる限りマスクを着用し、多人数の場合は、状況に応じて換気

(5)集出荷施設等への入退場時の手洗い、手指の消毒

(6)ドアノブ、手すり等人がよく触れるところは、ふき取り清掃

 

2.感染が発生時には、以下の対応をお願いします。

(1)本人や従業員が感染した場合は、関係者に連絡するとともに、保健所に報告し、対応について指導を受けてください。

(2)濃厚接触者と確定された方は、保健所の指導に基づき、14日間の自宅待機と健康観察が行われます。

 

3.業務の継続について、あらかじめ生産者間の連携について検討をお願いします。

(検討事項)

・連絡先、消毒要員、作業代替要員、作業方法、最低限の維持管理方法など

 例)収穫や水やり作業など支援を必要とする作業について、優先順位付け

    「誰が」、「どの作業」を支援するかなど、役割分担などについて話し合います。

 

 

連絡先:帰国者・接触者相談センター (平日午前8時30分から午後5時15分まで)

      高鍋保健所  (0983)22-1330

      上記時間以外 (0985)44-2603

 

この記事に関するお問い合わせ