新型コロナウイルス感染症相談窓口等について

2020年05月25日 更新

新型コロナウイルス感染症についての相談窓口は次のとおりです。

 

●新型コロナウイルス感染症についてのお問合せ

 新型コロナウイルス感染症健康相談センター(24時間対応)TEL0985-78-5670 ※聴覚障害のある方 FAX0985-44-2616

 

 宮崎県と宮崎市との共同運営で行い、「帰国者・接触者相談センター」の相談業務を行います。

 上記センターへの相談の結果、感染が疑われる方の「帰国者・接触者外来」への受診調整等が必要な場合は、高鍋保健所が業務を担います。

 

 

●新型コロナウイルス感染症についての予防対策などのお問い合わせ

 健康管理センター TEL0983-25-1008

 

 

●新型コロナウィルス感染症対策本部に関するお問い合わせ 

  総務課 TEL0983-25-5710 

 

 

【新型コロナウイルス感染症とは?】

発熱やのどの痛み、風邪が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。

感染しても軽症で治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。

特に、ご高齢の方や基礎疾患(心臓病、高血圧、糖尿病、呼吸器疾患など)のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

 

【感染経路】

飛沫感染と接触感染により感染します。空気感染は起きないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。

  • 飛沫感染:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
  • 接触感染:感染者が咳やくしゃみを手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。 

【日常生活で気を付けること】

  1. 流水と石けんによる手洗い:外出先からの帰宅時、調理の前後、食事の前、トイレの後には必ず行いましょう。アルコール消毒も有効です。
  2. 咳エチケット:咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性があります。咳やくしゃみをする場合は、口と鼻をティッシュや腕で覆い、その後は必ず手を洗ってください。マスクの利用も有効です。
  3. 人込みの多い場所を避ける。
  4. 発熱等の風邪の症状が見られるときは、無理をせず学校や会社を休む

 

※新型コロナウイルスに関する情報は、日々変化しています。最新の情報にもご注意ください。

厚生労働省ホームページ掲載「新型コロナウイルスに関するQ&A」

宮崎県ホームページ

 

 

この記事に関するお問い合わせ