農業振興対策事業

2015年06月28日 更新

農業の新技術導入や省エネ、バイオマス等、環境に配慮した農業への転換等、農業の振興に繋がる事業を行う認定農業者・認定新規就農者・SAPの会員に対し審査の上事業費の一部を助成します。

事業の内容、補助率、採択要件は以下のとおりです。

事業の内容および補助率

  1. 本町の園芸・特産作物の生産体制強化を図るため、新たな生産技術の導入及び新品目、新品種の導入(試験研究も含む)
  2. 農業経営の発展に資するためのより高い技術の研修
  3. 農業振興の試験・研究・開発に関わる特認事業
  4. その他農業振興に対し、町長が特に必要と認めたもの
  5. 補助率および補助額の上限
    補助率:国・県の事業に準じるものとし、税抜き価格の1月2日以内とする。
    補助上限額:認定新規就農者およびSAP会員は上限100万円
    認定農業者は上限50万円

※但し、町のモデル事業となるものなど、町長が特に認めた事業については、この限りではありません。

 

この記事に関するお問い合わせ