農地中間管理事業

2015年06月28日 更新

担い手への農地の集積・集約化を図るため中間的受け皿となる農地中間管理機構を平成平成26年度から各都道府県に1つ設立しました。(宮崎県では宮崎県農業振興公社)

機構が利用していない農地を借り受け、集積・集約化して担い手へ貸し出すことで農作業の効率化、生産性の向上が図れます。

農地中間管理事業の活用メリット

機構を活用することで助成金を受けられる場合があります。

  1. 地域集積協力金
  2. 経営転換協力金
  3. 耕作者集積協力金

※詳細は添付資料をご確認ください。(準備中です。)

 

この記事に関するお問い合わせ