農業制度資金

2015年06月28日 更新

  農業の担い手の皆様が、農業の規模拡大や経営改善を図ろうとする場合や、新しい農業
 分野への進出を図る場合などに、必要な資金を長期・低利で利用できる様々な融資制度が
 あります。まずは、日頃から取引のある金融機関(農協・日本政策金融公庫・銀行 等)
 または普及センター等にご相談ください。
  主な資金を紹介しますので、経営にお役立てください。

 ⑴ 農業近代化資金
   農協等民間金融機関が融資し、規模拡大や設備投資等を行うときに借りることができ
  る、身近で幅広く使える資金です。

 ⑵ 農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)
   認定農業者の方が、農業用機械や施設、農地を取得する場合などにご利用でき、借入
  金額も大きく、償還期間も長い日本政策金融公庫の資金です。

 ⑶ 経済変動等に対する資金
   昨今の社会的・経済的環境の急激な変化等に迅速に対応するため、災害対策、経済変
  動・伝染病等の影響を受けた一定の要件を満たす農業者への資金です。農業者の経営維
  持安定等を図ります。

 ⑷ 青年等就農資金
   「青年等就農計画」の認定を受けた新規就農者(認定就農者)に対し、農業経営を開
  始するために必要な資金を無利子で貸し付ける日本政策金融公庫の資金です。

 ※ 国・県や市町村が、法律等に基づいて、融資機関が貸し付ける資金に対して利子補給
  を行うことにより、農業者の負担軽減をしています。

 

この記事に関するお問い合わせ