個人住民税

2015年04月10日 更新

個人住民税の内容や税率などについて説明します。

個人町民税とは

個人町民税は、前年1年間(1月から12月)の所得を基に課税される税で、一定の所得がある場合に均等の額で課税される「均等割」と所得に応じて課税される「所得割」があります。

また、都農町に住所はないが、事務所・事業所または家屋敷のある方にも均等割が課税されます。

無収入の方や非課税所得(障害年金等)のみの方、生活保護法による生活扶助を受けている方などは、課税されません。

納税義務者

賦課期日(毎年1月1日)現在、都農町に居住している方に課税されます。

税率

  1. 均等割の税額
    (1) 町民税  3,500円
    (2) 県民税  2,000円(うち500円は森林環境税相当額)
    ※東日本大震災からの復興を図ることを目的として、平成26年度分から平成35年度分の個人住民税均等割の額が年額1,000円引き上げられました。
  2. 所得割の税額
    (1) 町民税  課税標準額の6パーセント
    (2) 県民税  課税標準額の4パーセント 
    ※併せて10パーセントが住民税所得割です。
    ※課税標準額とは、所得金額(給与所得など)から所得控除(社会保険料控除など)を差し引いたものです。

納付の方法

個人町民税の納付方法には、普通徴収と特別徴収とがあります。

  1. 普通徴収
    事業所得者などの方は、納税通知書(納付書)で各金融機関の窓口での納付、または口座振替による納付となります。
  2. 特別徴収
    給与所得者や年金所得のみの方は、特別徴収義務者(会社・年金保険者)が給与や年金から税金を天引して特別徴収義務者が町に納めます。

各種申請書

給与支払報告書・特別徴収にかかる給与所得者異動届出書(PDFファイル/58.47キロバイト)

町県民税特別徴収への切替申請書(PDFファイル/37.66キロバイト)

特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書(PDFファイル/26.37キロバイト)

 

この記事に関するお問い合わせ