水が濁ってるとき

2015年04月08日 更新

白い水

水道工事等により断水し、再び通水する際に、水道管内に入り込んだ空気と水が混ざり合い、水道水が白くなる(牛乳又は乳酸菌飲料のような色)ことがあります。このような場合は、透明のガラスコップに白濁した水を汲み、数分間そのままにしておくと透明な水になれば空気が混ざっていたということで飲用に問題ないと判断できます。

赤い水

朝一番に水道水を出す場合や近くで水道工事を行った場合、水道管金属部分のサビが混ざり水が赤くなることがあります。

このような場合は、バケツ一杯分流していただければ、透明な水道水にもどります。

※上記の方法を実施されても透明な水に戻らない場合、その他異物がはいっているような場合は水道課へご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ