公的個人認証サービス

2015年04月08日 更新

公的個人認証サービスとは、様々な行政手続が、窓口に行くことなく、インターネットと通じて自宅や職場で行う事ができる制度です。

利用者が安全に手続きが出来るように本人である事を公的に証明する電子証明を交付し、他人によるなりすましや改ざんなどを防ぐための機能を提供するものです。電子証明の申請は住民課窓口で受付ます。

公的個人認証サービスについては公的個人認証サービスポータルサイトをご覧ください。

  1. 申請に必要なもの
    • 住民基本台帳カード(有効期限内で廃止・一時停止していないもの)
    • 申請者の本人確認書類(顔写真付きの住基カードまたは運転免許証、パスポート等)
    • 発行手数料500円
    • 印鑑
  2. 申請にあたり気をつけること
    • 申請の際、パスワードを入力していただきます。 (英字又は数字で4文字以上16文字以下)
    • 有効期間は公布の日から3年間です。
    • 本人が来庁することが出来ない場合は窓口へお問合せください。
この記事に関するお問い合わせ