保留地の処分(売却)について

2017年10月04日 更新

都農都市計画事業中部土地区画整理事業による保留地処分(売却)について説明します。

保留地とは

宅地の造成や公共施設(道路・公園等)の整備がある程度進んだ段階で生み出された売却可能な土地のことを「保留地」といいます。正形地が多く、広い道路(区画道路)に面しているため住みやすく、また、災害時や緊急時の救護活動も行いやすいという特徴があります。

保留地を購入するには

保留地の売却は、事業の施行者(都農町)が直接行います。保留地の購入を検討される方は、建設課都市計画係までお気軽にお問い合わせください。なお、売却情報には随時変動があります。

保留地の位置、価格等

都農都市計画事業中部土地区画整理事業施行区域位置図(PDFファイル/61.64キロバイト)

◎保留地等位置図       【PDFファイル/164.06キロバイト】  平成31年3月15日 更新


◎保留地等処分価格一覧表 【PDFファイル/87.11キロバイト】    平成31年3月15日 更新


◎保留地毎概要         【PDFファイル/3.63メガバイト】     平成31年3月15日 更新

 

住宅を取得される方へ

ご存知ですか?『保留地取得奨励事業』
公売中の保留地を購入し、自己の居住する住宅を新築した場合に奨励金を交付します。(最大210万円)
詳しくはこちら→都農町定住促進事業

関連する記事

この記事に関するお問い合わせ